仏活道(ぶかつどう)

【開発中】

先輩・後輩、上司・部下、部長・部員…。
上下関係の信頼構築って難しい?!
人間関係をよくする「聞き方」「伝え方」「寄り添い方」を実践と共に学べます。

ただの「活動」からの脱却。
本来目指すべき「道」の体験はこちら。

教育詳細

教育日程 全5回(2H/回)※オリエンテーション含む
対象者(条件) 全国青年男女(15~39)-2人1組であること

【役割】
※誘う人:より良き伴走者として存在し、自他の成長のために働きかける。
※誘われる人:良きパートナーとして存在し、いつもの自分よりちょっとだけ努力する。
実施形態 オンライン(Zoom)
備考
目的 (1)VUCAの時代、そしてafterコロナを見据え、予測不能で正解のない環境下における青少年の生き方を模索する。
(2)共に内面と向き合い自己認識を深め、自他の大切にしている価値観や軸(自分らしさ・相手らしさ)を発見し、レジリエンス(変化対応力)を磨く。
教育手法 自他の興味関心に合わせてCHOICE(自らの選択:主体性)・VOICE(意見)・DIALOG(対話)に重点を置き、学びを深める。

①自己を見つけて発揮する
②他己を見つけて言葉にする
③様々な変化を体感する

教育の紹介

【期間】

約2か月

 

【内容】

2人1組で行うプログラムです。教育に参加することだけでなく、生活の中での関わりも重視する包括的なプログラムを通し、自己理解や自己発揮を促します。

以下の3つの仕組みを通し、“なんでも語り合え、相手の前で涙を流せる関係”を目指します。

 

【プログラム構成】

*生活プログラム*

Ⅰ.今週の#

  ⇨「#○○」を今週のテーマとし、日常で湧く感情や出来事を発信・共有し合う

Ⅱ.Mission

  ⇨2か月間の達成Mission。2人で決定します。

Ⅲ.ミリョク ノ カケラ ダイアリー

  ⇨未来のためのMy日記。今日一日の起きた出来事や、学んだこと、未来に向けた応援など、ワンセンテンスで記入します。

 

流れてしまうような些細なものがたりに、たくさんの「らしさ」が隠れています。

本来の「わたし」を知ることで、発揮できる魅力があります。

落ち込んだ時、うれしかった時、勇気が欲しい時。

きっと背中を押してくれる一冊になります。

見返した時にはまた、あらたな「わたし」を発見できるかもしれません。

 

*研修プログラム*

◇動画視聴

◇テーマに合わせた対話 など

 

*フリープログラム*

◇時間

 毎週火木土 19:30~21:30 (入退室自由)

◇内容

 ペア参加は任意です。

 一人でもよし、友人知人を誘っての参加や、持ち込み企画もOKな自由プログラム。

 自主部屋、法座、自主学習、個人相談などなど、居場所の一つとして開放します。